肌に良くない成分って何?!

スキンケア商品や化粧品に含まれている成分ってにとって良いものもあれば、悪いものが入っている場合があります。美肌になる為にスキンケアしているのに悪いものが入っていて逆に肌に負担をかけていませんか?

特にドラックストアに売ってある安い特売の化粧品には入っている可能性が高いのです。

今回は化粧品やスキンケア商品に含まれているかもしれない肌にとって良くない成分を紹介したいと思います。

肌にとって良くない成分とは?

エタノール・エチルアルコール・パラベン・石油系合成界面活性剤・酸化亜鉛・エデト酸・サリチル酸などがあげられます。

エタノール・エチルアルコールは殺菌力が強く、その強い殺菌力で肌にダメージを与えてしまうこともある成分です。肌がダメージを受けてしまうとヒリヒリしたり炎症を起こしてしまう可能性もあるんです。肌に良くない雑菌などを殺菌してくれるには有効ですが、肌自身を傷つけてしまっては元も子もないですよね。さらにアルコールは空気に触れると気化してしまう性質があります。このアルコールが肌についてしまうと肌の水分と一緒に蒸発してしまうのです。その為、肌がより乾燥しやすい状態になってしまいます。

パラベンとは簡単に言うと防腐剤です。主に化粧品や洗顔料に使われることが多い成分です。ごく少量なら肌には問題ないのかもしれませんが、肌が弱い人が使うと肌荒れの原因になってしまう事があります。

石油系合成界面活性剤は多くの洗顔料に入っている成分かもしれません。これは油と水を乳化させる為に入っています。天然物もには石鹸があり、人工には石油から作られています。石油から作られている石油系合成界面活性剤は洗浄力が強く、汚れと共に肌の潤いの元になっている細胞間脂質まで洗い流してしまいます。潤いを失った肌はバリア機能が低下し乾燥肌や敏感肌の原因になってしまいます。

酸化亜鉛は日焼け止めなどに含まれている事が多い成分の1つです。比較的肌には安全な成分なのですがアルコールが含まれている為、肌が乾燥してしまう事があります。

エデト酸は洗顔料の酸化防止のために含まれている成分です。肌が弱い方にとっては刺激が強いかもしれません。バリア機能が低下している方は肌の表面に傷がついてしまう事があり、ニキビ等の肌トラブルがおこる可能性があります。

サリチル酸は殺菌力に優れていて角質を溶かして洗い流してくれる成分です。しかし、刺激が強いので敏感肌の方には向かない成分の1つです。乾燥肌の方にも乾燥を悪化させてしまう恐れがある為、控えた方がいいでしょう。

2018-12-01 | Posted in 美肌・美容Comments Closed 

関連記事